一戸建てを現金で購入する時の売買契約時の注意点

中古住宅を現金にて購入する時の契約時の注意点
奈良県南部不動産・建築情報のTOP
橿原市中心の売物件不動産検索
主に新築住宅の建築、中古リフォームのページ
さくらホームサービスの会社概要
HPの質問・ご要望などお気軽に!
相談・査定・見積もり無料!
このページの階層表示
ご利用規約集です
イメージ

広告PR欄





広告PR欄


不動産を扱う物件購入相談中古物件検索/新築住宅購入住宅ローンについて/現金購入の場合不動産売買契約について現金購入の注意点

奈良県内の不動産売却依頼・無料査定依頼・不動産買取依頼相談
不動産買取橿原市等
奈良県ファイナンシャルプランナー無料相談
最新物件情報や買いたい人、リフォーム、質問相談や営業で思った事.。地域情報などをツイート。サイトに掲載される前にツイートする事もあります。


一戸建現金購入

一戸建てを現金で購入する時の売買契約時の注意点

物件を現金で購入する場合はローンに関係する費用が必要ありませんので諸費用の面で割安になります。結果として別段手付金と決済を分ける必要がない場合もありすぐに所有権移転も可能です。

  1. 一括取引
  2. リフォーム・諸費用でローンは使わない

無料質問・ご相談はこちら




現金購入の場合は別段事情がない限り比較的早く決済がきます。最後の項目に進みましょう。

土地現金決済

<一括取引>

よく行われる取引では、まず契約をしてその後に決済という残金の支払いがあり所有権移転になります。これは不動産を購入するほとんどの人がローンを利用するので、その申込をする時間が必要な場合や、全ての現金の用意がすぐにできずにしばらく期間を空ける場合・売主がまだ入居中で引越しに時間が必要な場合などがその理由です。
しかし、ローンを利用せず、またすぐに全ての現金を用意できる場合は別段契約と決済を分ける必要はありません。一括取引契約同時決済とも呼んでます)といって契約と決済を一日で終了させる方法もあります。銀行などで場所を借りて行う場合が多いです。そうすれば先方の都合を確認し、時間を作ったりする手間も短縮でき、わずらわしいものもありません。


                                              ページTOPへ

<リフォーム・諸費用でローンを使わない>

物件の購入を現金で行い諸費用やリフォームでローンを組む方法はできれば避けた方が良いと思います。前ページで書いていますが銀行の商品としてあるリフォームローンや諸費用ローンは金利が住宅ローンと比較して割高な場合が多いです。ですのでローンをリフォームや諸費用で組む位なら物件価格の一部をローンでまかない、諸費用やリフォームは現金で行った方が得策です。
またリフォームローンは担保を必要とする有担保と担保を必要としない無担保ローンがあります。


                                              ページTOPへ


不動産を扱う物件購入相談中古物件検索/新築住宅購入住宅ローンについて/現金購入の場合
不動産売買契約について>現金購入の注意点/不動産ローン申込現金決済・引渡し/ローン利用決済・引渡し





                        


<不動産物件購入時の注意点>
不動産・建築注意点TOP購入時の注意点土地購入時の注意点中古物件・新築物件購入時の注意点中古マンション購入時の注意点物件購入までの流れ



<ワンポイントメニュー>
不動産・建築注意点TOP購入時の注意点売却時の注意点住宅建築時の注意点



<株式会社さくらホームサービスその他のメニュー>
橿原市不動産物件建築リフォーム情報はじめに不動産物件検索不動産アドバイス奈良こだわり注文建築格安全面リフォームマンションリフォーム会社案内利用規約サイトマップ無料相談・問い合せ


                戻る                     現金決済・引渡しに進む



一戸建住宅不動産物件購入売買契約等取引の相談は橿原市仲介業者|
株式会社さくらホームサービス

  [TEL:0744-26-6510 メール]