奈良県の太陽光発電導入実例検証

奈良の住まいのリフォーム・太陽光発電設備・ソーラーパネル設置住宅配置例導入比較実例
奈良県南部不動産・建築情報のTOP
橿原市中心の売物件不動産ページ
主に新築住宅の建築、中古リフォームのページ
さくらホームサービスの会社概要
HPの質問・ご要望などお気軽に!
相談・査定・見積もり無料!
このページの階層表示
ご利用規約集です
太陽光発電実例イメージ

広告PR欄





広告PR欄


奈良県全面リフォーム建築橿原市不動産物件TOP奈良県住宅建築TOP住宅全面リフォームソーラー発電パネル設置例

奈良県ファイナンシャルプランナー無料相談
最新物件情報や買いたい人、リフォーム、質問相談や営業で思った事.。地域情報などをツイート。サイトに掲載される前にツイートする事もあります。
株式会社さくらホームサービスgoogle+
太陽光パネル住宅屋根配置例

☆奈良県の太陽光発電導入実例検証☆

太陽発電・ソーラーパネルは屋根の配置で発電効率が変わります。
日当たりのよい、影響の受けない南向きが一番いいですが太陽光が普及する前からある住宅はそもそも太陽光パネルを配置する予定で屋根形状を決めていません。複雑な形状になっていたり東向き、西向き面も多かったりします。
幸いそういったニーズに答えるべく太陽光パネルはさまざまな形のものが発売されていますが屋根に配置できたとしても向きはどうしようもありません。太陽光発電をお考えの場合今ある屋根形状でどれくらい発電しどれくらいロスするのかも検討しておかないといけません。搭載コストは同じでも発電効率で差がでるとまったく同じ結果にはなりません。


太陽光パネル・ソーラーパネル住宅配置例
太陽光発電・ソーラーパネル配置例西面 太陽光パネルソーラーパネル屋根配置西面、南面 奈良 太陽光発電ソーラーパネル住宅配置東面
太陽光発電システムの仕様でも記載がありますがソーラーパネルの数は大小2つのタイプを合わせて56枚
載せています。角度以外に太陽光が遮られる建物などはありません。
もともと東側へ向けて大屋根が傾斜している屋根形状なので太陽光発電をするために載せるソーラー
パネルの効率から考えると決して最適とは言えません。

写真と配置図を確認しますと西側に向いている太陽光パネルは配置図の左端と左から3番目の屋根に
搭載のパネルで合計ではパネル大7枚です。
東側に向いているのは配置図一番右の図で搭載パネル大32枚、小10枚です。
南側に向いている太陽光パネルは配置図左から2番目の屋根で大7枚のみです。
東側の屋根では小の太陽光パネルを使用したのは天井からの採光が望めるトップライトがあるからです。
太陽光、ソーラーパネル配置についてのまとめ
□当初の予定より詳しい調査で変更になりました。
□トップライトがあるためその部分は配置できませんでした。煙突やトップライトがあると配置面積が減ります
□南面に多く載せた方が発電効率がよいので新築を建築される予定で太陽光発電を検討を検討されて
 いる場合は南側の面積を多くとれる片流れ屋根をする方がよいと思います。
□東、南、西に配置していますので9.64KWを搭載していますが太陽が東から西にずれていくのでその
 都度各側のパネルが発電し、当っていないところは発電しないため最大9.64KW発電するタイミングは
 ありません。


戻る

<リフォーム・改装・改築・増築メニュー>
橿原市住宅リフォーム専門住宅全面改装前住宅全面改装後マンションフルリフォーム50㎡台マンションフルリフォーム70㎡台マンションフル改装100㎡台マンションリフォームQ&A小規模リフォーム太陽光ソーラー発電



<建築リフォーム関連メニュー>
橿原市注文住宅TOP奈良注文建築奈良注文住宅内装住宅が完成するまで奈良県住宅全面リフォームマンション格安改装一部分リフォームソーラーパネル当社住宅建築プラン奈良県地域対応表住宅建築時の質問
無料相談・見積り



<株式会社さくらホームサービスその他のメニュー>
奈良県不動産物件リフォーム情報TOPあいさつ不動産売買・賃貸依頼不動産建築ワンポイント注文住宅奈良全面改装マンションリフォーム相談会社概要利用規約サイトマップ無料相談・無料問合せ




奈良県の太陽光発電、ソーラーパネル、オール電化のご相談は
橿原市リフォーム会社|株式会社さくらホームサービス

[TEL:0744-26-6510  メール]